EVENT”home.htmlhome.htmlshapeimage_2_link_0

ABOUT”

FACEBOOK”http://www.facebook.com/NomadicKitchenhttp://www.facebook.com/NomadicKitchenshapeimage_3_link_0
 

食を知ることで


人や土地や文化がぐっと身体の中に入っていく。

強くそしてしなやかに繋がってゆく。


気持ちや価値感を共有できる料理人達が

そんな役割のひとつになれたら、そんな喜びはないと思う。


その気持ちの表れと行動が、“nomadic kitchen” です。


言葉が異なっても、通じる普遍的な “食”。

食のあるところに人が集い、文化が生まれると信じる私達。


その環境でしか得られない食材をいかし、料理人の感性といただく人で

成り立つ、ノマディック・キッチンに是非、いらしてください。


野村友里

“ABOUT”

新しい活動のごあいさつ



新緑がまぶしく、風薫る季節になりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

このたび5月より新しい活動を始めるにあたり、ご相談がありまして

お手紙をお送りさせていただきました。


フード・クリエイティブ・チーム “eatrip”を立ち上げてはや6年が立ちます。

昨年は、アメリカ バークレーにある、地産地消をモットーにしたレストラン

『シェ・パニース』のシェフを中心としたアーティストグループを日本に招き、

多くの人たちの協力のもと、食を中心とした様々なイベントを開催しました。


1ヶ月かけてアメリカのメンバーと日本の様々な産地を訪れ、活動の集大成と

して東京都現代美術館にあるレストラン・コントンにて2日間で約500人を動員した

食とアートのイベント「OPENharvest」を開催しました。世代を超えた、たくさんの

お客様に、新しい視点の食を楽しんでいただき、命をいただくということに

対して新たな発見をしてもらえたと実感しています。


その時、私たちが強く感じたのは、食と料理を通じて、そこに暮らす人や土地、

そして文化を知ることで、それが身体の中に取り込まれていくという感覚です。


その感覚をより多くの人達と共有していきたいという思いで、このたび、

『ノマディック・キッチン』という新たな活動を開始することとなりました。


“nomadic kitchen” は、様々な国の料理人やアーティストを日本に招き、

時には私たちが海外に出向くことで、それを愉しみ、いただく人で完成する

創造的な場です。私たちの想いに共感していただける人たちと一緒に、

様々な場所で活動していきたいと思っています。